雑記8

もっとふわっと生きていたいとよく思う。ただ機械のように、キーボードをぱちぱち言わせていたい。虫が鳴いている。虫が鳴いていることは、孤独を倍加させる。秋の虫はもう死にかけている。僕はコンピューターになりたいと思うことがよくある。コンピュータ…

雑記7

ロボットに羞恥心は芽生えるのだろうか。言い間違いを検証して次の会話に備えるんじゃなくて、あんなこと言うべきではなかった、と思い悩んだりもするようになるのだろうか? 細かい間違いを嫌々引き摺りながら歩いて行くような生き方が、いつかロボットに理…

日記(とても個人的になれそう)

10月25日(土)、一昨日の朝から昨日の午後まで友人が来ていた。ひたすらだらだらして煙草をひとり二箱以上も吸って、栓のない話をひたすら続けながら、明るい内はメタルをがんがん聴いたりして、夜が更けてからはヴェルヴェット・アンダーグラウンドをひた…

日記

10月20日(火)、寝苦しい一夜を過ごした。気がかりな夢ばかり見た気がする。朝、11時過ぎに、もそもそ起きてきて、明太子と一切れの半分の奈良漬けでご飯を食べる。胃が硬くなってる。そろそろ髪を切りに行かないとな、と思う。もう一年くらい髪を切ってい…

日記

10月15日(木)、朝、少しベッドに横になっても、浅い眠りしか訪れない。昨日からほとんど眠れずに、起きて、音楽を聴いている。 10月16日(金)、…… ずっとぼんやりしていた。 10月17日(土)、ミンガスの音楽が、やっぱり美しい。 未明(AM3:30)、やや憂…

日記

10月13日(火)、何度も聴いている内に、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番が大好きになった。 夜中、アコースティック・ギターの弦を張り替えた。所要時間は25分。けっこうかかってる。10分くらいで交換できたらいいんだけど。Martinの、1930年代の弦を…

日記

10月7日(水)、昨日の朝からずっと起きている。すごく神経質になっている気がする。でも長年のノイローゼは昨日と今日で脱したのではないか、という気がする。予感というか。 10月8日(木)、朝、9時に起きる。昨夜は大分早く寝た。 一日中、何もせずにぼー…

雑記4

学校の白い帰り道を思う。 柔らかい、遠い、憧れ。詩にはずっと憧れている。言葉にずっと、届かない愛情を抱いている。 焼却場が好きだ。形あるものが崩れて塵となることに限りない愛おしさを感じる。大量のゴミをかき混ぜる、巨大なUFOキャッチャーのような…

雑記6

マイルズ・デイヴィスとジョン・コルトレーンのラスト・ツアー(1960年)の音源を聴いている。マイルズの演奏はいつも通り味があって素晴らしいのだけど、コルトレーンの演奏が神がかっている。実際、コルトレーンは、1957年の7月、30歳のときに神の啓示を受…

エイプリルに(2)

薬を噛んで、私はこの身体から流れ出していく。助けなら何でも良かった。別にあなたじゃなくても良かった。でも、薬も効かなくなって、音楽も鳴らなくなったとき、あなたは、私にきっと会いに来てくれる。 全てが私を悪化させる。新しい音楽が必要だ。「生」…

日記

10月3日(土)、9月はあまり元気ではなかったけれど、そう言えば死にたいほどの鬱には陥らなかった。7月にはまだ強い焦りがあって、8月には多分一週間くらいはひどく落ち込んでいたと思う。9月には軽い抑鬱状態が続いていたけれど、10月に入ってからは、もう…

空の両側を知るために

ダウンロードされていく日常。それはまるで嫁入り前のピクニックに落ちた雷みたい。私は継ぎ接ぎだけれども世界は音楽に統合されている。 私が迫害されていることを、私以外誰も知らない。私は赤い、会社へ向かう。そこには私のIDがあり、私の名前を冠された…

主にギターについて

Fenderのアコースティック・ギターがとても気に入っている。(サウンドハウスでもっと入荷してくれないかな? 今は在庫切れだし、取り寄せだと実質少し割高になる。在庫ありだと殆どの場合ポイントが10倍になるので、実質6万7千円で買える。僕は元から持って…

日記

9月30日(水)、ミンガスは、日記に拠れば9月21日から聴き始めているんだけど(こういうとき、日記を書いていると便利だ)、10日間、ミンガスの魅力にどっぷり浸っている。一日辺り、今のところ20曲くらいのペースで聴いているんだけど、何せミンガスの曲は…

雑記5

昔から、多分14歳頃からジャズが好きで、よく聴くようになったのは多分19歳か20歳くらいの頃からだと思うんだけど、この頃やっとジャズの良さが本当に分かるようになってきた気がする。本当に、かどうかは分からないけど、少なくとも本当に楽しめるようには…

Fenderのギターがかなりいい

朝、気まぐれにニック・ドレイクの“Introduction”(ギターだけの曲)を再録した。録音となると妙に力が入ってしまう。一回で録った。三年前にも一度録音しているのだけど。三年前と違うのはマルチ・トラック・レコーダー(MTR)を使っていることと、ギターが…

日記

9月22日(火)、未明、とても眠いのにうまく眠れない。 結局いつもと同じように昼前に寝て、夕方に目が覚めてしまった。何をしているんだ。 夜、また焼き肉だった。 9月23日(水)、眠かった。朝まで眠らずに起きていて、そのまま何とか夜まで起きていた。 9…

雑記3

後悔する気持ちもある。何かは分からないけれど、何かを怖れる気持ちもある。人との寂しいすれ違いを感じるたび、それでも誰かを思うことには勇気が要って、ときどき僕はひとりになりたくなる。 自分のことを惜しいと思う気持ちって、どうしてあるんだろう?…

主にミンガスのこと

ミンガスを初めて聴いたのは、多分20歳頃だと思う。たしか19歳のときに、ジャズというものを本格的に聴いてみよう、と思って、それから三年間くらいの間に、名盤を何十枚か買って、その内の一枚としてミンガスのアルバムを買った。それまでも、僕の記憶違い…

雑記1

死にたい。何にも無い空っぽの部屋に行って、万年草みたいに半透明に生きていたい。昼間、錯覚ばかりの僕にもひとつだけ確信があって、それは死んだら全てになれるということだ。僕は消えたい。消滅したい。仮に僕がいなくても生活世界が持続するとしても、…

日記

9月19日(土)、iOSを14にした。どうも音楽の音質が良くなった気がしてならない。気のせいだろうか。 夜中、やっぱりお腹が空いてきた。カップヌードルのカレー味でも食べようかな。(U.F.Oを食べた。) 朝から夜までまるまる眠る。何度も起きては、いやもう…

メモリアム

緩い陽のなかであなたは私の名前を呼ぶ。その日ガラスは明るくて、私たちは図書館の奥深くで、西日差す野原の芝を眺めながら、未来について話しました。 私は今はここにいて、古いフルートやピアノの弦について思い、ギターの冷たさをガラスのように抱いてい…

日記

9月10日(木)、午前1時半に目が覚める。3時間くらい眠っていた。シュークリームを食べる。 昼、冷凍のパスタを食べる。今日もとても調子が悪い。 9月はいい月になると思っていたんだけど、まあ、これからだなあ。自分の実感というには程遠い気分で生きてい…

私の好きな50のこと

(本当は100個書くつもりでしたが、50個書いたところで疲れました。またその内100個書いた文章を書きたいと思っています。) Radiohead(1)を聴いている。これから原稿用紙(2)に書き入れるために万年筆(3)にインク(4)を満タンにした。Radioheadの…

雑記

明日死んだら、この世の全ては終わるのだ。何もかもが終わる。世界は本質的に無だ。何にも無くなるのだ。天国も無い。残るものなんて何も無い。でもこの世で、あと10年生きたい。何故なら、きちんと言葉やギターを道具として使えるようになってから死にたい…

秋の午後

秋の午後には、詩を読んで、ギターを弾いて、風景も、人の挙動も、忘れたい。 中原中也だけを読み、ニック・ドレイクだけ聴いて、全てを捨てて、死にたいのです。 秋の午後には、音楽と、詩と本だけを、友にして、ただ空っぽに、死にたいのです。 ただ空っぽ…

Fenderのアコースティック・ギターを買った

Fenderのアコースティック・ギターがかなり気に入っている。買ってすぐに弾いたときは、少し張り詰めた音だなと思ったのだけど、ペグを取り替えると、弦のテンションが落ちて、少し緩い音になった。すごく好みだ。以下、Fenderのギターが好きだな、という、…

日記

9月5日(土)、どんな可能性でもあるのだ、と考えると、時々不思議な気がする。 昨日から眠らずに、朝になるまで文章を書いていた。原稿用紙15枚分。今日は少し書きあぐんでいた。ブログにも載せない、きわめて私的な文章を、この頃多く書いている。 何でも…

日記

8月29日(土)、ああ、感じる力が、もっと感じる力が欲しい。 8月30日(日)、夜中、この間書いたメモのようなものを改編して詩にする(『夏の夜中』)。 8月31日(月)、僕は頭を使いまくるのもとても好きなんだけど、単純作業、手を使って、道具を使って、…

夏の夜中

宇宙の果てに、ひとりでいれば、虫の音が、眼の奥底に浸みてくる。 空には人の気配は無くて、 星も何にも語りはしない。 虫たちは、頭の中の波打ち際で、幻みたいに、光ってる。 それは僕を安心させず、 不安にさせもしない。 波打ち際に、寄り集まって、鳴…