言葉たち


明るく、花の匂いにつつまれた朝の、明るさが続く昼、レース越しのカーテンの傍で、私は毒を飲みたい。


じゃあ、カルテにも慣れること、あるんですね?


けだるいような夏の天気。


それが必要だからそれをするときと、それが必要だと思いたいからそれをするときがある。


きらきらと、石の底に沈むように死ぬ。


人は探し続ける動物です。探すのをやめないで。


その時一瞬、彼女の生が感じられた。


存在より懇願のC#7の方がすばらしい。


ずーっと、僕は細い病棟の道を歩いているのかもしれない。僕だけがそれに気付いていないのかもしれない。


夕暮れが溶ける音が
雲に溶けていく

夕焼けの混じる音が
空に溶けていく

白い 菊の花
ガラスの雪


ねえ、夜にしか興味がない。


離れ島の薬の匂いがする。
春の匂いだ。


B-side of the moon.


はっきり言って、私たちは良くも悪くも、電気で繋がっている。


私には空気の層は分からない。
現に見えているこれが現実。


夕暮れも悲しみも無料だ。


脳は表情を変える。
脳は楽器だ。


ドアの開閉音に耳を傾ける。


そしてそれを最終的に掬うのは、平易な言葉なのだ。


病的なくらい、澄んだ街。


夜の中で
私の情熱は裸になる
あなたのラジオで私を癒やしてください


雨が降ってる
まっすぐに
大きな雨が


自尊心がゼロになる状態。
‘現実’を現実と認識しなくなる状態。


生活の中には、人が駄目になっていくパターンがことごとく網羅されている。


寂しい日々の
模様替えの音がする
昼は悲しみのように揺れる


苦い、活字の草の影のような。

*『重力』
私たちの住む街は無限だ
北の回帰線が桟橋の上で困っていても
揺すれ、衰えるのは人間の生活の影だけだ

この大きな街を生きるのだ
地上に格好いい人がいるくらい
爆弾の回路もある

それを鑑みない限り
許すのは私のギターだ

虹色の最低が私の身体の関節を壊す
手遅れになってしまえ
ぐにゃぐにゃした身体の暗い眼の内で
私は今日の分の笑みを笑んでいるから

*『旅』
夢と夢との狭間、全てと全ての中間で
まだ行き届いていない、草の持ち味
黄色いフロッピーディスクに青を入れる
白いゴミのお浚い

あの空が、苦労に
空に喚き始める。
脳が寂しい、悩みも
大きい。

甘い歌で、
虫歯になる。

有名な歌に乗って
海胆の国まで旅をする

……世界の終わりを味わいたい。


あれは遠くで鳴くニワトリだ
僕とは関係が無い

ベトナムに行こうかな?
日本語教師の口がある。

世界の何処だって、
ここにいるのと同じ。

死ななきゃならないような気がする。
どんどん迫ってくる何かが、
僕をじっとさせておいてくれない。

体を壊したい。
懐かしい夜の匂いにも僕の眼は強張っている。

世界を壊したい。
…おやすみ。おやすみ。
世界、おやすみ。

おやすみなさい、
遠い徳よ、富よ、
おやすみなさい。


空はくすんだ太平洋
真珠のような街並が、空の底には沈んでる
光、闇、屋根の下で僕は煙草を吸っている


ぱらぱらぱらぱら
それから完全に、出会いの帰り道

*『鳥』
熱い頭を抱えている
水も飲まない
返事もない
鳥だけが鳴いている

いや、あれは電子音なのか?
幻聴なのか?
いずれ何とも正しいもの
鳥が鳴いている

夕暮れが迫る気配だ
今日は何もしなかった
今日も何にもしなかった

夢を見て
煙草を吸った
鳥が鳴いていた……


アセンションを聴きながら彼女と歩いた。

景色の全てが解体されていった。

僕たちは手を繋いでいた。

ここから出て行きたかった。

光が割れる。


生活は、ただ終わるのだ。


お前は、九億の朝に目覚める。
九億の朝に目覚める。

板張りの心臓。
夜明けの鐘。


終わりの世界に
夕焼けが訪れ
川が流れた


宇宙が生まれる確率はゼロだ。

*『雨』
毎晩、雨が降る
青に波立つ空から
緑の平原へと

雨は地軸を傾ける
空間を泡立てて
泥くさい虹を作る

遠くにオレンジ色の空が見える
英国の空だ

イギリスの雨だ
強い強い雨

世界の果てが、その向こうにはあるようだ
雨足を変えて
また さめざめと……


自動車は遠くでぐつぐつ鳴っている
僕は睡い
冷たい風を腕に感じている
それから生温かい、部屋の空気を感じている

記憶の中には無数の人形があって
どの人形も、使いこまれて光っている
また 万年使われた舞台があって
古い古い人形劇を再演することが出来る

今生きていくこと
消費していくこと

日が経っていく
日が経っていく

いつか僕が死ぬ時にもまた
ただ、当たり前のように
日は経っていくだろう

今と同じように

記憶の中の人形劇場はうらぶれて
僕と一緒に埋葬される

それでもまた
人形は誰かに、受け継がれるだろう


銀色の坂道を登る


平凡な世界の中にマジックがちらほらあるんじゃない。
平凡な世界が既にマジックを超えたものなのだ。


脳は脳に属さない。


大人たちには、そこに安住できるような、自らの影が無い。


身体は老いていって痛みの中で死ぬ。
痛みの中で死ぬ!
何て素晴らしいんだろう。

いずれこの身体は停止するのだ。


幽鬱の木が咲く 揺れて

僕たちは二つの
荒い木となって
静かにしていよう


親鳥は死に、初めて小鳥は生きる


一年間悪夢を見詰める
そしてお望みなら戦争は終わる


僕はこの世界/社会にいる、と疑いなく思っている。
後天的にそう思うようになったのだ。

日記

7月8日(水)、
夜明け頃、5時頃に寝て、真っ昼間に起きた。何となく調子が悪い。昼過ぎに楽器屋さんから電話がかかってきたけれど、何となく怖くて出られなかった。修理は出来ない、と言われたらどうしよう、と思ってぐるぐるしている内に、随分時間が経った。(留守番電話には設定していなかった。)何故かバンプ・オブ・チキンの歌(『三人のおじさん』)を口ずさみながら、シャワーを浴びて、ぐったりしていた。髪を乾かしてから、随分と煙草を吸った。2mgのジアゼパムを4錠、噛んで飲んだ。それからサイレースを1mgとエビリファイを12mg、噛んで飲む。それからラミクタールを300mgとストラテラを1錠。少し人心地が付く。勇気を出して、楽器屋さんに電話を掛けた。どうも、ネックが傾いていたのは、すぐに治してもらえたようだ。自分で治せたかもしれないなあ。チューニングもちゃんと合うようになったとのこと。どぎまぎしてしまって、ハードケースにも少しがたつきがあったことを伝えるのを忘れてしまった。ケースの蓋が少しぐらついているんだけれど、それはまあ、交換して貰えなくても許そう(少し偉そうだけど)。ハードケースなんて、滅多に使わないからだ(とてもいいソフトケース(ギグバッグ)を持っているので)。ともかくまあ、「引き籠もりのくせに昼間電話に出ないなんて」とか「お客様の責任ですね」とか、そういうことは言われなかった。当たり前か。もっと怖かったのは「修理は不可能なので、交換になりますね」と言われることだったんだけど、大したことがなくて良かった。明日、専門のリペアマンに再度確認してもらって、それから異常が無ければ、送り返して貰えるそうだ。良かった。

夜、薬を飲んだからか、とても眠い。しかし、電話をするだけで、何故ここまで緊張するのだろう? 14歳から20歳頃までだろうか。もう少し後までかな。僕は緊張というのが何なのかよく分からない時期があった。臆面も無かった。

僕は今、本当に浅いところに住んでいる。一日一日、もっと深いところに行こうと思う。

日記

7月7日(火)、
何もしたいという気持ちにならない。一日中ぼんやりとしている。ギターを買ったのだけど、昨日、修理に出したので寂しい。とても素晴らしいギターなのに、チューニングがどうしても合わなかったのだ。修理にはひと月程度かかるとのこと。この頃は毎日八時間ほどギターを弾いていたので、ギターが無いと、手持ち無沙汰だ。

夜、お酒をたくさん飲んだ。飲まずにいようと思っているのだけど、この頃は両親もまあまあお酒を飲んでいるので、つい飲んでしまう。三時間くらいちびちび飲んでいた。母に『CLANNAD』と『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を是非見るといい、と勧めた。何だか、僕は酔っ払うとアニメの話をすることが多い気がする。今日は母がとても美味しい料理を作ってくれた。

酔った勢いで、おそろしく久しぶりに自画像を撮った。SNSに自画像を上げる人は、サイコパスの傾向がある、と何処かで読んだことがあるのだけど、僕はサイコパスの存在自体、あまり信じていない。顔が真っ赤なので白黒にした。おそらくすぐに消すと思います。

歯を磨いているところ。

f:id:ko-yuhilla:20200707230739j:plain

トイレの中でよく分からないけれど首を絞めているところ、の写真はこのページからは消した。格好を付けすぎてて、あんまり格好良くなかったので。……やっぱり、せっかく撮ったので、小さく載せます。

f:id:ko-yuhilla:20200707231638j:plain

それから、ギターのピックガードを外したところ。サドルの位置が、普通より大分ずれていることが、ギターに詳しい人には分かると思います。説明しますと、金色っぽい(真鍮)のパーツの部分が、普通は綺麗に左下がりに並ぶのだけど、右端と真ん中のサドル(金色っぽい部分)がほぼ左右まっすぐに並んでいて、一番左のサドルがかなり下の方に位置しています。この位置は自分で調整するのだけど、一番チューニングが合う状態でこの位置なので、ギターの何処かが狂っているということになります。あと、分かりにくいですが、ネックとギターの接合部が若干斜めになっています。それにしてもこの色は好きです。ピックガードを外しているのは、ピックアップの高さを調整するためで、ピックアップとは横長の金属部分のことです。なかなか苦労しました。ピックガードを付けたところの写真は、撮ろうと思いつつ、忘れたまま、修理に出してしまいました。

f:id:ko-yuhilla:20200628131250j:plain

あと、今日書いていた雑記です。↓

僕は人生を捨てたくない。まだ、少なくとも今は、自殺したくない。死ぬことは帰ることだ、と思っている。生活という本来ありはしないもの。ありはしないものだから、生活が愛しい。遠くから見れば何でも美しい。海辺の焼却場から上がる煙のように。いつ人生が終わるか、なんて考えない。その代わり、いつも死を意識した満足感の中で生きたい。苺パフェで、一番苺が好きで、苺を最後の楽しみに残している間に、死んでしまってもいい。ソクラテスみたいに、獄門の中で、誰にも聴かせる宛てのないギター(ソクラテスの場合は竪琴だったけれど)の練習を最後まで続けて、それからあっさりと毒薬を飲み干すのもいい。人生というのはそもそも牢獄のようなものだ。でも心は牢獄を出られる。自由でいられる。例え牢獄の中でも、楽器を弾いていれば、また詩を書いていれば、まるで牢獄の外から自分というちっぽけなものを見下ろすように、自分の存在さえ可愛く見えるだろう。音楽とは、言葉とは、つまりは生からの解放なんだ。死の小さな甘い味に触れること。僕はディキンスンのように、誰にも聴かせない音楽、誰も読むことのない詩を、ただ毎日の自分の解放の為にだけ奏で、書き続けることも、いいと思っているんだ。

この世界にただ一度きり生きている。ニック・ドレイクも生きていて、中原中也も生きていた世界に。何故、この世界ひとつなのだろう? 他に世界が無限にあろうとも、選ぶことが出来ないので、それらは無いのと同じだ。僕はこの世界が、僕にとってただひとつの世界を生きるだけ。それだけが僕の喜び。昔はそうは考えられなかった。ずっと。多分、産まれてからずっと。真理だけを求めていた。どんな世界でも通用する真理だけを。でも今は、この世界に、ある種の愛着心がある。過ぎていくから、意味が無いからこそ美しい、と思う、ようになった。この世界のことを知りたい。

英語の勉強と、読書と、ギターの練習を中心にして、しばらく過ごしていたい。その間、あまり書かないかもしれない。まだまだ昔のように集中して書けない自分に、少し苛立ってもいる。

精神状態はとてもいい。と思う。ほぼ病気になる前のレベルだ。すなわち中学1年の頃と同じくらい元気な気がする。薬はまだ飲んでいて、その作用もあるだろうけれど、薬は減らしていけるのではないか、と思う。今のところ、薬を急にやめると、ぐっと落ち込んだり、とても過敏になってしまうのだけど、意識はとてもクリアになる。ラミクタール(躁鬱の薬)を飲み始めてから、ひどい鬱状態に陥ることが少なくなった気がするので、この薬だけはもう少し飲み続けていた方がいい気がする。6種類の薬(10錠)を毎日飲み続けているのは、少し多すぎると思う。これでも大分少なくなった方だ。どの薬も大体、処方することの出来る最大の量を飲んでいる。日中ぼんやりすることが多いことや、不眠と過眠を繰り返しているのは、もしかしたら薬のせいかもしれない。しばしば丸一日眠ってしまうし、その後は三日間眠らなかったりする。書くことの幸福を10年ほど感じていない。

この世から消えることだけが喜びだった。全て無くしてしまえと思う。私は焼却所がとても好きだ。少しずつ無くなっていくことが美しいんだ。

断捨離という言葉はあまり好きじゃ無いけれど、その理念自体は、僕は正しいと思ってる。どんどん捨てて行けばいいと思う。

日記

6月13日(土)、
朝、八時に起きた。半日間も眠っていた。起きてから、『イエスタデイをうたって』の最新話と『東京喰種』の二期を何話か見る。『東京喰種』の二期は全部見ているのだけど、ふらふらだったときに見たためか、内容をほとんど忘れていた。

昼、今日もまた何も食べていないけれど、空腹は感じない。

午後、三時間くらい母とだらだら話していた。


6月14日(日)、
今日は暑くて、何にもせずにひたすら寝ていた。虚無感は去らない。


6月15日(月)、
午前二時、生のショウガと炒めたアスパラガスを食べる。それから柚子のアイスを食べる。不思議な感情が僕を捕らえる。

何も生きる気がしないので、薬を飲んでみたら、少し、生きようという力が戻ってきた。それと共に、食欲も戻ってきた。やっぱり薬は飲んだ方がいいのかなあ。でも、薬を飲むと、頭が働かない。どうすればいいのだろう? 感情のためには薬を飲んだ方がいいし、頭の働きのためには飲まない方がいいし。少しずつ減らしていくのがいいかもしれない。


6月16日(火)、
……


6月17日(水)、
……


6月18日(木)、
何もかも片付けようと思う。僕は人生の意味を知りたい。心の、深いところにある声を聴きたい。ギターはその内に買おうと思う。とてもシンプルなギターだから。テレキャスターは最高にシンプルで、最高に可愛く格好いいギターだと思う。しかも赤! 言うことがない。それから、テレキャスター用の、ブリッジ・サドルと、ペグを出来れば買って交換したいのと、部屋で練習できるMarshallの、とても小出力の、しかも真空管のアンプが欲しい。いずれは、テレキャスターのピック・アップも交換してみたい。


6月19日(金)、
勉強とギターの練習ばかりしていようと思う。


6月20日(土)、
思い出の底に行きたい。自殺せず、事故にも遭わず、病気にもならず、それでもあと60年生きられるだろうか?

僕はしばらく世捨て人のようになりたい。けれど、僕は僕より大切な人がこの世界にいて、だから別に人間に絶望した訳じゃない。単純に、集中力が大分戻ってきたので、勉強と練習、創作に集中していたい。

今日は一日、何となく不安だった。考えが纏まらない。


6月21日(日)、
昨日はちょっとばかしうまく行かない日だった。欲しいギターの試奏動画をいっぱい見て(聴いて)、自分を励ましていた。


6月22日(月)、
……


6月23日(火)、
三日前から食欲も無いし、うまく眠れない。特に何がひどいって訳でもないのだけど、何となく落ち込んでいる。今日は疲労感が強くて、気を抜くと倒れそうだ。


6月24日(水)、
昨日の夜、急に食欲が湧いてきて、焼き肉をもりもり食べた。外で焼き肉をするのはなかなか楽しい。お酒もいっぱい飲んだので、またふらふらになって、それから今朝までよく眠った。しかし今朝はお腹を壊していて、朝食は食べられなくて、昼食は冷凍の炒飯を温めて、何とか少し食べた。

午後に病院に行った。待ち時間も短くて、診察もさっさと終わった。血圧がまた少し高くて147あった。少しだけ緊張している。緊張って、しようと思っても出来なくて、何故僕の身体はこんなに人の存在に影響を受けるのだろうと、自分のどうしようもない部分に、少しだけ愛着を覚える。

僕は早く元気になりたい。もっとちゃんと、好奇心が戻ってくればいいのだけど。僕は我が侭なのかもしれない。多分、そうなのだろうと思う。親の収入に頼って生きていることが引け目になっているし、かといって、それを引け目に感じている間は、卑屈になってしまって何も出来ない。

夜、お茶漬けを塩昆布で少し食べる。今日は炒飯とお茶漬けしか食べなかった。

また夏が来て

ゆるぎなく時は過ぎていくけれど
そして私は雄弁だけれど
あの日風に揺れていたクモの巣を
そのきらめきを
私はただひとり、抱えたままで死んでいくんだ

いろんなことがあった
絶望もしたし、天国を見たこともあった
明るい海や、雑踏の中に消えたこともあったし
友人と光のただ中にいたこともあった
……彼の方はどうだか知らないけれど

心の底に孤独があって
何ひとつ喋らない訳にはいかなかった
でも、喋っている私は、
私ではなかった
私の心はいつも懐かしく、そして口惜しかった

半生…私は眼が悪くなり、眼鏡を買った
遠い思い出のメロディを閉じ込めた、私の物たち
朝焼けにはきちんと鎖骨が溶けて
薬にはちゃんと眠くなり
私はここに記憶の総体として生きている

記憶の底まで何が届くのか
旋律や風景が海へと沈みゆき
海底の皺となるまで気付かない
実在の今の幻想よりも
私は私の過去を知り、過去に心を寄り掛からせる

レッド・ツェッペリンが海だった少年時
ジミー・ペイジの弾くテレキャスターは、
私の細胞の皺となり
今でも私の夢の、底の底で鳴っている
レッド・ツェッペリンだなんて、おかしなものだけどね

君らは何処にいる?
私は私が出会った全ての君たちに感謝したい。夜。
私は私のきらめきを抱えたままで死んでいく
君たち皆と、同じように

  死んでも楽しさとその風景は
  海の底のクジラの静けさに
  沈んでいく、私は沈んでいく


君たち皆に言いたかったこと、その躊躇い
灰色に、光る涙を
私はただひとり、抱えたままで
死んでいくんだ

それにしても、全てに感謝したい夜
君たちは一体何処にいるんだろう
私は懸命にこの夜を耐え
夜の弱さを手首に刻む

私は口をつぐむ、涙は見せない
私は死んでるだろうから
光の中で、鉛筆を折り

私は全てが好きだった
何十億もの孤独の中で
私は私のままで生きていて

生と死の真ん中で
ニック・ドレイクを聴いていた
さようならは言わない

いつしか君が、夢や季節や雑踏の中、
私の姿を見かけたら
君は君の歌を、君の奇跡を
君の詩を、君の孤独を、

君のいつかの光と不安と優しさを
悼んでおくれ

理解されたくなかった

私の墓場まで君を抱いていく
電池が切れるまで
電線は何処までも奥に続いていて
けれどプラグは何処にも無い

喉が痛むけれど
誰も私を機械にはしてくれない
スパナで私を断ち割れば
私は人類になり
それぞれの個性となって
それぞれの不幸を歩むだろう

私の墓場まで君を抱いて歩く
私と君のどちらが幽霊だろう?
人間ならば
私の日記を読んでください

離陸しかけた飛行機たちが
諦めたようにこちらに向かってくる
定規を当てたように
鮮明に自意識を持って

私を私と錯覚するために
歌である必要があった
歌手たちは人間であって
私は歯車のようだった
君が雨と歌うと
私は雨になれたのに

日常には床がある
墓は白雨に浮いている
誰もまだ見られない
ドとレとミとファのその次に

五線譜は眼の裏側で
意識を繋いで(いる)

君がいないなんて
君は嘘吐きだね
この道路の行く先に
私の墓はすなわち君(なのに)

日記

6月5日(金)、
眠らないのに全く眠くない状態が続いている。数時間眠ると二、三日は元気でいられる。

元気になると赤色にすごく惹かれて、憂鬱なときは青に惹かれる傾向がある。すごく憂鬱なときに買った万年筆はとても深いブルーだけれど、この色はいつも大好きで、この万年筆はずっと使い続けると思う。一年以上の間、毎日一日も欠かさず使ってる。インクはしばらく前から、凝固しかけた血の色に近いセピアを使っていて、ティッシュでインクを拭き取ると、どう見ても血を拭いたとしか見えない。でも字の色は、古い古い海図を連想させるような、落ち着いた、銅貨のような色で、とても気に入っている(ちなみに『古代の銅』というカラーだ)。赤は見ているととても安心する。血を見ていると落ち着くし、血がいっぱい出る映画を見ていると身体がゆったりしてくる。……というのは前置きで、ずっと白かサンバースト(木の色)のジャズマスターか、バタースコッチ色のテレキャスター(またはブロードキャスター)が、その内に欲しいなと思っていたけれど、今日、真っ赤なテレキャスターをネットで見付けて、身体の奥の神経がじわじわするくらい可愛いと感じた。縁取りが白なのが非常にスタイリッシュで、可愛さだけじゃないクールさもある。でも、まずひとつ思ったのが、今の僕にはあまり赤が似合わない、と思っている、ということ。それと、既にチェリー色のテレキャスターを持っているのにわざわざもう一本赤いテレキャスターを買う必要があるほど、僕はギターが上手くない、ということ。でも、欲しいなら買ってしまえ、と思う。三ヶ月経って、まだ欲しいと思い続けていて、それから今のテレキャスターを毎日欠かさず弾き続けていたら、買おうと思う。今すぐ買うのはとても衝動的なので。


6月6日(土)、
昨日、眠りすぎた。眠りすぎると、自分が何なのか、分からなくなる。昔からここにいる自分自身を思い出せなくなる。

心の中に熱量が無ければ! 僕は死んでいるのも同じ。

夕方、また死にたさについて書いていた。どうしたものか。生まれてきて、言葉と音楽の魔法に触れずに死ぬなんて。と、思うけれど、死にたいときには、魔法の予感なんて、奇麗さっぱり消え失せてしまって、何にも無い、ただ空っぽな心しか無い。


6月7日(日)、
何となく怠くて、これといって何もしなかった。今日はジャズを聴いていた。クラシックとロックしか聴かないようになるかもしれないと思っていたけれど、やっぱりジャズも楽しい。


6月8日(月)、
夕方、とても暗いことを書いていたので消去する。

全ては過ぎ去っていく。人生はとても刹那的なものだ。20年で死んでも100年で死んでも同じこと。この世の他に世界が存在するとか、自分が死んでも世界が続くとか、そんな空想は僕を駄目にする。自己卑下ではなく、自己を放棄すること。


6月9日(火)、
守らなければならないほどの自己なんて無い。


6月10日(水)、
一昨日からあまり食べていない。一昨日の朝に冷凍のスパゲティを食べてからは、アイスを三個食べた。


6月11日(木)、
朝、冷凍のスパゲティを食べた。


6月12日(金)、
四日間薬を抜いている。苦しかったのは二日間だけで、その後は何だか、皮膚感覚が敏感で、新鮮な気分でいる。薬を飲まないでいると、常に少し緊張してて、軽いパニックを感じていて、食欲がまるで無い。

今朝もまた冷凍のスパゲティを食べた。この前から同じ、明太子のスパゲティだけを食べている。それからまた、アイスを食べた。これだけ食べるのだけでも疲労感を感じる。食べたくて食べてるというより、食べないと頭の調子が悪くなるだろうから、がんばって食べてる。

とても暗い気分になって、しかも暗い考えが止まらなかったので、セロクエルを一錠とエビリファイを半錠飲んだ。やっぱり頭がぼんやりする。けど、気分は大分ましになった。出来れば薬は飲みたくない。

夕方、またレモンのアイスを食べる。アイスとスパゲティだけで生きてる。

午後六時、またとても暗い気分になって、世界が不穏な灰色の空気に満たされていくような感覚があるので、眠ることにした。

午後六時半、眠れないけど、少しましになった。

夜、食べるものが何も無かったので、カップ焼きそばを食べる。まあまあ食べられるようになってきたかも。

午後八時、眠いので眠ることにする。
おやすみなさい。