日記

6月20日(日)、
夜中、友人が目を覚ましたので、ふたりでロックをいろいろ聴きながら、いろいろ話していた。友人はお世辞を絶対に言わないので、彼がヴェルヴェット・アンダーグラウンドのアルバムを買うかもしれない、と言ってくれたのが、嬉しい。僕は昔からヴェルヴェット・アンダーグラウンドを、しつこいくらい流しているので、彼も段々慣れてきたらしい。僕も大好きな曲『I'm Waiting for the Man』が良く聞こえるようになってきたと言う。あと、ホワイト・ストライプスも、いいと言ってくれる。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドホワイト・ストライプスも、僕にとっては、とても思い出深くて、今も最高に好きなバンドだ。でも彼は、レディオヘッドは全く好きじゃないらしい。僕と彼は、音楽の趣味が大分違う。読書傾向もまるで違うし、共通点が殆ど無い気がする。でも、たまに少し沈黙を挟みつつ、詮無いこと、たまに真面目なことを、ふたり低い声で何かしら話してる。思い出話も多い。

夕方頃、友人が帰る。僕はほぼ眠っていなかったので、3時間ほどぐっすり眠る。煙草の吸い過ぎで喉ががらがらだ。