日記

2月8日(月)、
夜、母と3時間くらいお喋りをする。母に僕の大好きな多和田葉子さんの『献灯使』と漱石の『草枕』を貸す。

 

2月9日(火)、
僕は僕なりに、僕がなれる程度に、しっかりした人間になりたい。地位とか名誉の話じゃなくて。

午後1時半、また昨日から起きてる。昨日も夕食しか食べなかったんだけど、今日もまた、まだ何も食べていない。……クーリッシュを食べる。バニラ味。

読書が面白い。しばらくの間、書くことを控えて、出来るだけ多く、読書と勉強をしようかな。書くことは書くことで、とても面白いのだけど、僕は少しばかり、書くことに時間を割きすぎている。

時々、本棚の本が、遠い日の幻みたいに、僕から離れた場所にぽっかり浮いているように見えることがある。それでいて、それがちゃんとそこにあることは、意識では分かっているのだ。僕は海底のウミユリかクジラにでもなった気分で、遠い恒星のような部屋の光景を、無表情な魚や人形のような眼で眺めている。そういう時間がとても好きだ。でも、そんな時間がいつもやってくる訳じゃない。努力なしで行ける場所なんて無い。問題なのは、いかに楽しく努力するか、ということだ。心が、いつもいきいきしていたらいいんだけどな。

夜は、水炊きを食べる。水炊きはご飯のおかずにはならなくて、どうしてもビールを飲んでしまうので、少し苦手だ。本当はあまりアルコールは摂らずにいたい。酔うと、4時間くらい何も出来ない。お酒を飲んで元気になる人が少し羨ましいな、とよく思う。

日付が変わる前、マスカット味のクーリッシュを食べる。美味しい。

言葉が大好きになってきた。言葉に対する好奇心がまた戻ってきているのを感じる。嬉しい。明日もまた新しい言葉に出会えると思うと楽しみだ。……と言っても、今日もまた起きているかもしれない。すごく眠かったのに、目が覚めてきてしまった。

ああ、明日がまた、いい日になりますよう。おやすみなさい。