日記

1月21日(木)、
ディランが好きだ。ディランがいる世界でよかった、と思うくらい。特にいいところは、ディランは大量の音源を残してくれていることだ。今年は多分、ディランをとてもたくさん聴くのではないかと思う。

午前2時、無性に湯豆腐が食べたくなる。今年は食べていないけれど(この前のしゃぶしゃぶには豆腐がいっぱい入っていた。肉もたくさん食べたけど)、たまに一人で昆布のだしを取って、硬い豆腐を茹でて、醤油だけで食べるのが好きだ。和食が好きなわけじゃないけれど、ひょっとしたら、僕が外国人でも、豆腐とかラーメンとかは好きだったかもな。今、日本食はとても国際的だから。豆腐はたまにすごく食べたくなるけれど、他にはこれと言って、僕は食に拘りはないから、イギリスに行っても、日本食が懐かしくなったりしないと思う。ロンドンの駅前にはたくさんのラーメン屋が軒を連ねているらしい。ラーメンがあれば大丈夫だ。たまに取り寄せるか、日本食を売っている店で、昆布や豆腐を買えればいいし、それも、無ければ無いで、気が狂うほどじゃない。生きたい、と思うときには、イギリスに行くことばかりを夢見ている。

5120億の世界。たしかインドの哲学か何かでは、世界はひとつじゃなくて、8000×8000×8000の世界がある、ということを言ってなかったかしら? 全然違っているかもしれない。ここにあって、同時にここには無い世界。確かにありながら、無干渉、というより、存在しない世界。それが確かにある、ということに、生活的な意味は全く無いのだけど、そして、あるから何だと言うのだ、と言って、何にもならないのだけど、確かにあるにはあるのだ、と僕は思っている。信じている、というのとは少し違うかもしれない。個人的に、そう感じるのだ。今、僕が生きている世界は、文字通り奇跡だ。優しく、そして無意味だ。

午前3時、お寿司を何回かする。865回叩けた。右手の爪が伸びていても、割と問題なくタイピング出来るみたいだ。打ちにくく感じはするのだけど。指先ではなくて、爪で打っているので。慣れれば関係なくなるかな?

午前3時半、お腹がすいたので、鶏の缶詰めと、辛子明太子のいいのでご飯を食べる。明太子が塩辛くて、とてもご飯のおかずになるので、ご飯は三杯くらい食べた。

10年間、一度も楽しいと思ったことがない。これは本当のことだ。何を書いても、何を読んでも、何を聴いても、楽しいという、感じはする。けれどいつも心は冷えている。本当に生きているという感じがしない。今感じる楽しさは、本当の楽しさじゃない。苦痛を誤魔化しているだけの、いっときの逃避を、楽しさと呼んでいるに過ぎない。楽しくなんてない。幸せだなんて、真顔で言えるわけがない。ずっと、楽しくない。

朝、アリ・アクバル・カーンの他に、いいサロード奏者がいないかと思って、とりあえずWikiサロード奏者リストに載っている33人のアルバムを聴いてみたのだけど、やはりアリ・アクバル・カーンが一番いいようだ。知らずに聴いていたのだけど、アリ・アクバル・カーンは、サロード界では一番の重鎮みたいで、記事も一番長い。

箏なんかを聴きたい、と思うときは、僕は明らかに疲れている。西洋音楽が堅苦しく感じられてしまうとき。本当は西洋音楽には、そんな窮屈さじゃなくて、どこまでも続く、ファンタスティックな拡さがあると知ってはいる。知ってはいても、あまり聴けないときがある。インド音楽は、疲れとかに関係なく好きというか、やはりアリ・アクバル・カーンサロードが好きだ。

昼、から揚げの缶詰めというのでご飯を食べる。マヨネーズ味でなかなか美味しい。それから豆乳を少しと牛乳を少しかけたイチゴグラノーラを食べる。

夜、唐揚げをいっぱい食べて、お酒を飲む。くらくらして、そのまま眠ってしまう。

 

1月22日、
何度も起きながら、虚しい感じがして、結局昼の2時頃まで起き上がれなかった。

ときどきひどく虚しくなる。生きていても、仕方が無いと思う。

母にドラクエ6の音楽を聴かせてみたら、ほぼ全部覚えていて面白かった。特に街の音楽は本当に耳に残る。

夜、食欲が全然無いけれど、コロッケと、イチゴグラノーラを少し食べる。

夜11時、急にとてもお腹が空いてきたので、納豆でご飯を食べて、冷凍のスパゲティを食べて、それから両親がスパゲティを食べるというので、僕もさらに一人前以上、スパゲティを食べた。さすがに、お腹がいっぱいだ。

夜には、ボブ・ディランの歌を歌って過ごしていた。歌詞が長くてなかなか覚えられないし、早口で、とても歌いにくい箇所が多い。でも多分、その内流暢に歌えるようになるだろう。

とても眠くなってきた。今日、唐突に、カメラでも買おうかな、と思う。あまり高くないカメラでいいので、まあiPhoneでもいいんだけど、カメラで撮りたいな、と思って。スタイリッシュだったり、可愛い写真が撮りたいな。外に出るきっかけにもなるかもしれない。

とりあえず眠ろう。眠れば、混乱気味の頭にも、少しは収拾が付くかもしれない。