別離

私は誰も幸せには出来ないと知った
空は暗くて私はひもじい

昼間は薬を飲まなくなった
薬に慰められるのが嫌になったから

今私は万年筆でかさかさ書いていて
万年筆の先だけが私の友達だ

私はもう迷わないだろう
迷うとしても私自身がそれを迷うだろう

昼は私を砂漠で殺し
私はひとり宇宙で生きている

いつかまた人に出会えたら
そのとき私は死ぬだろう

それまでさよなら、さよなら世界

世界の終わりの、終わりの終わり
そのときにまた会いましょう

それまでさよなら、さよなら世界