病的なくらい、澄んだ街。

アセンションを聴きながら彼女と歩いた。

景色の全てが解体されていった。

僕たちは手を繋いでいた。

ここから出て行きたかった。

光が割れる。

銀色の坂道を登った。