日記

9月19日(土)、
iOSを14にした。どうも音楽の音質が良くなった気がしてならない。気のせいだろうか。

夜中、やっぱりお腹が空いてきた。カップヌードルのカレー味でも食べようかな。
(U.F.Oを食べた。)

朝から夜までまるまる眠る。何度も起きては、いやもう少し布団の中にいよう、とぐずぐずしている内に、いつの間にか外が真っ暗になっていた。いい加減寒くて起きた。
ここ数日、お腹の調子が悪い。でも、お腹の調子が悪いときの方が、精神的には断然調子がいい、と思う。便秘のときは、精神も何だか停滞気味だ。腸と精神が密接に関連している、というのも、ありそうな話だ。

元気になってきて「書けるかもしれない」と思った途端に、すぐに頭が重くなることの繰り返しだ。

 

9月20日(日)、
頭の調子が良くならない。意識が霞がかった感じだ。

夜中、やっぱりカップ麺を食べたくなる。台所に行くと肉まんがあったので肉まんを食べる。

夜明け前、ギターを弾いていて、詩が書きたくなったので書く(『メモリアム』)。かなりさらさらと書けた。

真昼、もうクーラーは要らないと思っていたのに、少し暑くなってクーラーを付ける。どん兵衛のそばを食べる。眠る。

夕方、寒くて目が覚める。寒い。

夜、昼間両親が食べていた、手作りのサンドイッチの残りを食べる。とても、お腹がいっぱいになる。

 

9月21日(月)、
弱気にならないこと。少しずつ良くなっているから。今出来ることに集中すること。

クラシック、主にピアノ曲、を聴いていると、とても美しい気分になれる。クラシック・ギターもいいな、と思う。ジャズ・ギターとクラシック・ギターとフラメンコ・ギターがいつか欲しいな、と思う。ギターを弾いて、死にたい。

夜明けまで起きていて、眠くなる。

眠れなくて、5時半、カップヌードル(カレー味)を食べる。カレー味もかなりいける。お茶碗に多目のご飯と一緒に食べる。推定カロリーは合わせて600kclほど。
夜がしらじらと明けてきて、カラスが鳴き始める。夜明けって好きだ。

眠ろうと思ったのだけど、昼夜逆転した生活を朝型に戻すために、夜まで本格的には寝ないでおこう、と思った。

昼前、ふと久しぶりにチャールズ・ミンガスを聴くと、あまりに、何というか素晴らしくて、どうしてここ数ヶ月あまりミンガスを聴いていなかったのか、ミンガスから離れる、ということは、音楽自体から離れることと同義なんじゃないかと思うくらい、とにかく素晴らしく、美しいと感じた。それに気持ちいい。一見ミンガスの音楽って複雑で、聴いててすぐ気持ちよくなれる音楽ではないのかもしれないけれど、僕にとっては、いつ聴いても本当に懐かしく、暖かい日にブランコに揺られている赤ん坊のように心地よい、安心した気分になれる音楽だ。何ヶ月か前にミンガスに少し嵌まりかけたんだけど、そのときには、まだ十分にミンガスの音楽と親密になり切れてはいなかったかもしれない。まず、ベースの音にとても惹かれたんだけど。ミンガスの音楽をジャズだと思っては、あまり聴いたことがなくて、どちらかというとジャズやブルースに影響を受けたロック、という感じで聴いている気がする。でも、これがジャズなら、ジャズっていいなあ、と思う。でも多分だけど、ミンガスの音楽って、万人受けする(ということの定義も難しいけれど)音楽ではないと思う。僕も何故、複雑で、多分混沌としているミンガスの音楽にこんなに惹かれるのか、自分でも分からない。

ミンガスの音楽には、多分殆どギターが使われていない。少なくとも僕はミンガスの音楽にギターが使われているのをほぼ聴いたことがない。スペイン風の曲にフラメンコ・ギターが使われているのを聴いたことはあるけれど。ミンガスの音楽の世界に、ギターが合わない、ということはないと思うのだけど。普段僕はロックばかり聴いていて、ギターが無ければ音楽が成り立たないのではないか、と、別にそう信じている訳じゃ無いけれど、ギターを贔屓にしていて、ギターが入っていない楽曲を少し寂しく思うときもあるのだけど、ミンガスの音楽を聴いていると、別にギターはどうしても要る楽器でもないんだと思う。ミンガスの音楽にはピアノさえ入っていないことが、しばしばある。ミンガスの楽曲の多くは、ジャズではよくある5~6人編成のバンド形式で演奏されていると思うのだけど、どうしてもそれ以上の人数で演奏しているように聞こえる(実際に明らかに大編成で演奏されている曲もあるけれど)。バンドってすごいな、って思う。――好きな音楽家がいるって、本当に幸せなことだよね。

午後4時、眠くて堪らない。キーボードを叩いていても、指先が遠く感じられる。二、三日、どころか一週間くらい起きてて平気なときもあるんだけど、今はそんなに元気のある時期ではないので、丸一日起きているだけでも、なかなかたいへんだ。

午後5時から7時まで眠る。危うくたくさん寝てしまうところだった。

自分のための考えのメモを4時間ほど書いていた。最近とても考えることが楽しい。美しささえ感じる。

午後11時半、とても眠い。いい感じだ。この間の、そろそろ友人が来そうだ、という予感はやはり当たっていて、どうも今日来るつもりだったらしいんだけど、日頃の仕事の疲れで、今日は一日中寝ていたらしい。本当に、久しく会っていないんだよな。でも、仮に十年会わなくても、別にどうということは無い気がする。十年ぶりに会ったとしても、昨日会ったばかりみたいに、普通に話すと思う。そういうのって本当に幸せだ。もうひとりの友人とは何年も連絡を取っていないけど、やっぱり会ったら普通だろうと思う。

よく眠ろう。明日はきっといい日になるだろう。