雨はしとしと降っている
山の方から、美しい
海の方から
会いたさと同時に感情の稀薄さを感じる

「鳥になりたい」なんて馬鹿らしい
僕は人間でいい
山の方から吹き下ろす
夕闇の気持ちになりたい

チェロを弾けば
声が出せるかと
いいギターを持って
アンプを泣かせても
それは僕の心臓の音じゃない

雨はしとしと降っている
幻聴かもしれない
けれど山のふもとでは
僕の魂が鳴っている