ひえびえと

永遠の高さから降る雨粒を受け止めるため僕は生きてる


深海の大きな流れ青い影、赤い如月ここは春です


見えるもの全てが少女趣味ならば生きる理由も無くていいのに


六弦と鍵盤上で泣いている宇宙の果てとお金の匂い


美しい絵の中の雲、遠い未来発掘された古今和歌集


夜の中、家族と合わす顔がない夜の私は文字で出来てる